鎌倉に集いの場所を求めて

新型コロナウィルス感染症は完全には収束しておりませんがそれでも少しずつ人とのつながりを求めて様々な活動が始まりました。

10月16日(日)には鎌倉海浜公園由比ヶ浜地区において[鎌人いち場](かまんどいちば)が3年ぶりに開催されます。物販、飲食のみならずワークショップ、フリーマーケット等のほかダンスの演技発表も観られるそうで盛りだくさん!鎌倉ダンススクールでクラスを開催しているハラウフラオーラリのフラとmoehereのタヒチアンダンス、flownaturallyのベリーダンスがシーサイドで観られるのはとても楽しみです。

実現には少し時間をいただくことになりそうですが人の流れという視点から企画検討中のアイデアをお聞きしました。当スクールが加盟しております鎌倉表参道商店会の会長、荒井國明さんが10月6日(木)鎌倉FMのおはよう鎌倉の生放送に出演された時に鎌倉駅東口の大型スーパー入口辺りから海岸方向への一方通行の通りでマルシェを行い地元鎌倉の人が集うところにしてみたいと夢を語られました。ナント!!いろいろな方々からの賛同もいただいたそうで実現に向けて動き出します。鎌倉市民にとり暮しに彩りを与えてくれる場所が出来るのはとても楽しみです。

今夜は鎌倉のおつきさまを眺めながらゆっくりと自分の夢をイメージしたいですね🌕

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA